BLOG

ブログ

日本は数年前からオリンピックイヤーである今年2020年を目標にグローバルに活躍できる人材を創ると宣言をしていました。

その中で2020年から小学校から英語科目が必須になり、中学校からは英語の授業は英語で行われるようになりました。

ですが、海外の方と気軽にコミュニケーションが出来るツールとして翻訳機が普及し、飲食店でも翻訳機を通して接客するという矛盾・・・。

まーそれは今回は置いといて。

いよいよ訪日外国人が3,000万人を超え、英語を学習している方も多いと思いますが、一体どれくらいの時間学習すれば英語を話せるようになるのでしょうか?

それを考えていきたいと思います。

 

英語にアンテナを張る人が増えてきた

 

従来の英会話スクールのようなスタイルから、オンライン英会話やアプリ、Webサービスなど、今は英語学習においてかなり選択肢が増えています。

選択肢は増えているけど、肝心の英語を話せる人は増えたのか?

これは現状はNoに近いでしょうね。。

ですが、英語について関心が高まっているのも事実。実際に学習を進めている人も多くなってきたと思います。

企業はグローバル化に対応していかなければ生き残れないですから、若手ビジネスマンや学生、そしてパパやママも子供の英語教育に力を入れている印象です。

 

英語への関心は高まっているが・・

 

僕は仕事で英会話に携わっているので、イベント主催やレッスンでも周りに英語が話せる人がたくさんいますが、逆にそれ以外ではあまり見かけません。

僕が学生の頃は単語帳を手書きで作っていましたが、今はスマホアプリで簡単に英語学習が出来ます。

スマホの普及によりアプリやWebを通してオンライン学習や単語学習、文法学習も手軽に始められ、英語の習得へのアプローチがかなり幅広くなってきました。

みんな関心はあって、何らかの形で英語学習に取り組んでいる方も多いと思いますが、
英語に触れられる英会話イベントに誘っても、「いやちょっと、、、英語話せないし、、今回は。。。」といった具合です。

まーこれは日本人に昔から植え付けられた教育によるものなので、ある意味仕方のない事だと思いますが、このマインドブロックをぶち破っていかないと、いつまで経っても英語を話せるようにはならないでしょう。

では一体何時間くらい英語学習に費やせば話せるようになるのでしょう?

 

英語習得に必要な時間

 

結論から言うと、日本人の英語習得に必要な時間は最低約3000時間と言われています。

これは知識がゼロベースの時間なので、中学高校大学と英語を学習してきた人は、これよりも少なくなります。

このデータはアメリカ国務省のFSIという機関の調査によるもので、ゼロベースから日本語習得には約2200時間必要との結果も出ています。

(ちなみに余談ですが、FSIによると日本語は「超難関言語」に指定されているので、日本語ネイティブも僕たち日本人は凄いですね!)

中学高校でおおよそ1000時間(授業だけだと780時間くらい)の学習時間なので、残り2000時間。

2000時間???それどれくらい??

ピンとこないですよね..

1年は52週です。
40分レッスン×52週=2080分
→時間に直すと1年で34.6時間
2000時間÷34.6時間=57.8年

 

なんと週1で40分英会話スクールに通ったら習得出来るまでに57.8年かかる計算になります。

 

57年も英会話スクールに通えますか?

 

仮に30歳から英会話スクールに通ったら終わる頃には87歳ですね。

「よっしゃ!グローバルで活躍できる人材になるぞ!」と言って英語が身に付いた頃にはもう87歳です。。。。

ちなみに仕事で英語を使うとなると、約4000〜5000時間必要だと言われています。

それだと長寿でギネスブックに認定されるかもしれませんね。

 

ではどうすればいいのか??

 

間違いなく断言できるのは、周りに日本人がいない環境に留学する事です。

留学が話せるようになる最も早い道です。

強制的に英語のシャワーを浴びながら英語を使わなきゃいけない環境はインプットとアウトプットをバランス良く英語を学習できます。

仮に留学先では寝てる時以外は英語に触れている状態なので、1日10時間は英語の学習に時間を使っているとして、たったの3ヶ月で840時間を英語学習時間に割いた事になります。半年で1680時間。1年で3360時間。

1年留学して帰ってくると英会話能力が格段に上がることも分かりますね。

ただ、、、、

留学はまとまったお金と時間が必要なので、誰でも出来る選択肢ではないでしょう。

大事なのは毎日英語をインプットしてアウトプットすることです。

毎日2時間英語の学習に費やせると、約2年半〜3年くらいで2000時間に到達します。

40分週1レッスンよりも10倍以上年数を短縮できます。

ここで「毎日2時間も忙しくて時間取れない」という声が聞こえてきそうですが、少しコツをお伝えします。

 

忙しくても英語に割く時間を作るコツ

 

「毎日2時間英語の学習をしましょう」と言うと、ほとんどの人が2時間まとまった時間を取ろうとします。

これでは、飲み会帰りや残業で帰宅が遅くなった時など、「疲れてる」「明日朝早い」「朝2時間早く起きなきゃ」といった言い訳がかなりの確率で出てきて、失敗してしまうでしょう。

1日の生活の中で2時間を作ればいいので、通勤中の電車30分・車の中15分・お昼ご飯の後15分・休憩中のBGM20分・帰りの電車30分・お風呂で10分・余裕があれば復習で30分。

これで1日で2時間30分の学習時間です。

こう考えると出来そうと思いませんか??

タイムテーブルを決めてしまって、それが習慣になれば、やらないと変な感じになってくるので、習慣化してしまえばこっちのもんです。

 

まとめ

 

今回は英語習得にかかる時間をお伝えしてきました。

留学は英語習得の最短ルートですが、留学したのに英語が全く話せないまま帰国してしまった方も多くおられます。

英語で四苦八苦するよりも、周りに日本語が話せる人がいた方が居心地がいいので、つい甘えてしまうのです。

また、帰国後にも定期的に英語に触れなければすぐに忘れてしまうので、英語を使う仕事をするか英語を使える環境に身を置きましょう。

英語を教えるのも更なる上達への道です。

最後にお伝えしいのは、安易な気持ちで英会話スクールに通うと確実にお金をドブに捨てる事になります。

なぜ英語を話せるようになりたいのか??

  • 仕事で必要!
  • 将来は海外に移住したい!
  • 世界に対する視野を広げたい!

など、理由を明確にし、色々な環境を覗いてみるといいでしょう。

大事なのは毎日英語に触れられる環境を選ぶ事だと思います。

こちらもどうぞ^^

※今まで世の中に無かった全く新しい英会話スクール

 

習い事で世界に羽ばたく
卯木(ギブ)

 

記事一覧

Tadafumi Ugi

英会話は人生をより豊かにしてくれるものだと思っています。 色々な情報を発信しているので、ぜひお楽しみ頂ければと思います。

関連記事一覧