BLOG

ブログ

dailyenglish

Thank you だけじゃもの足りない時に

某大手ビジネス系雑誌で表紙にも取り上げられていましたが、
日常会話で必要な単語数は約2000語だと言われています。 中学校で習う単語数で約1500語なので、既に中学校の段階で英語で会話ができる準備は整っている事になります^^

ですが、中学校を卒業したら英語は話せるようになっているはずなのですが…..
おそらく学校英語教育”だけ”で英語が話せるようになっている人は皆無に近いんじゃないかなと….

語学に限らず知識やスキルをつけたいのであれば、間違いなくActive learningが必要になってきます。

詳しくはまた後日お伝えしますが、要はアウトプットが必要という事です。

せっかくインプットしたものでもアウトプットしなければ速攻で忘れてしまうので、覚えた単語やフレーズはじゃんじゃん使って話していきましょう♪

Thanks for〜

Thank youだけでは物足りない時に使うフレーズですね (^^)v

Thanks for~「〜をありがとう」

Thanks for waiting.
(待っててくれてありがとう)

Thanks for taking me to dinner last night.
(昨夜はディナーに連れていってくれてありがとう)

Thanks for your e-mail.
(メールありがとう)

Thanks for your help.
(手伝ってくれてありががとう)

Many thanks for your understanding and cooperation.
(ご理解とご協力、ありがとうございます)

Thanks for〜はフランク寄りの言い方なので、友達同士や比較的親しい関係の人に使います。

初対面やビジネスの場面で使うのは避けた方がいいですね。

色々なありがとう

私たち日本人は状況や場面において、ありがとうを様々な形で使いこなしています。

どうも!
あざっす!
ありがとう!
ありがとうございます!
誠にありがとうございます。
心から感謝します。

このように友達同士でフランクな感じや、堅くフォーマルな言い回しだったり。

英語にも色々な言い方がありますので、ぜひ状況に応じて使いこなしてはいかがでしょうか。

ちなみに私たちが日常でよく使う「サンキュー」は日本人にとったらフランクに聞こえますが、実はThank you.は丁寧な言い方になります。

ありがとう!

ではなく、

ありがとうございます!

のニュアンスです。
ご参考までに^^

上から順番にカジュアルな言い方です。

Thanks.

Thanks a lot.

Thank you.

Thank you so mush.

Thank you very much.

2番目の「Thanks a lot」はカフェの店員さんとかに使えますので、ぜひ参考にしてください^^
Thank you for taking the time to read this message✨

記事一覧

Tadafumi Ugi

英会話は人生をより豊かにしてくれるものだと思っています。 色々な情報を発信しているので、ぜひお楽しみ頂ければと思います。

関連記事一覧